無料ブログはココログ

他のアカウント

Twitter

Twitterアカウント&ハッシュタグ

LINK

アニラジ(「青春ラジメニア」etc.)関係

M’s Power.のサイト

2017年4月22日 (土)

4/22放送分より

ポチッとよろしく!

本日放送分の「青春ラジメニア」(公式ブログ>http://jocr.jp/radimenia/)の「メルたまリクエスト」のコーナーにおいてメールが採用されましたので、メールを公開します。

こんばんわ!岩ちゃん&かおりん。

今回の「メルたま」のテーマは「旦那」ですね。

REQUEST:「神魂合体ゴーダンナー!!」 by 串田アキラ(FROM「神魂合体ゴーダンナー!!」op)

作品のタイトルが「新婚」と「旦那」に引っかけたものでしたので・・・。

さてGWも近くなりましたが、今回も名古屋に寄ってから(と言っても其処に宿泊する予定はありません)帰省する予定です。
今年は年度初めに父が亡くなったりして家の方が相当ごたついていまして、結局3月末と4月に2度も帰省する事になり、交通費で大きな出費を強いられました、実家の方でないと出来ない事と、私の現住所で出来る事があり、私の方は何とか片付きました。
5月も関西で「スパロボライブ」と「二人のアニソン」の大阪公演がある関係で実家に宿泊しないといけないのと、父の四十九日法要の為5月も2度帰省する必要がありますね、ただ今回は1度だけ深夜バスを利用する事が出来そうですので、その分交通費が安くなりそうです。
深夜バスを利用しての移動もいいのかも知れませんね、何せ車内でAMラジオを聞く事が出来ますので。

by M’s Power.

前の週に「はばちょ」で、今週採用と言うパターンは過去にあったと思いますが、結構珍しいパターンではないでしょうか。
今回は作品数が少なかった所為でしょうか、コーナーの1曲目と4曲目で「はばちょ」になった方が大量に発生したみたいですね。
ホントにラッキーだったと思います。

2017年4月17日 (月)

4/15放送分より2

ポチッとよろしく!

以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

8時台

M-8 跪け 豚共が/リヴ●イ(神谷浩史)【進撃!巨人中学校 IN】
アーティスト名にピー音を入れないといけないんじゃないかと言う事でしたが、生放送では無理があったでしょうか。
神谷さんも若手の中ではいいお芝居をしていますね。
そう言えば「進撃の巨人」はNHKの番組(朝のニュース?)でも取り上げてられてましたね。
M-10 燃え上がれ闘志 忌まわしき宿命を越えて/サントラ(田中公平)【機動武闘伝Gガンダム BGM】
M-11 宇宙の彼方で/森口博子【機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅳ 運命の前夜 MT】
此処で「ガンダム」から2曲かかりましたが、「ガンダム」もメインのクリエーターである冨野由悠季氏の手を離れてファンの物になったと言う事でしょうか。
博子さんも大人のラブソングを歌いこなせるようになったのかもしれませんね。
先だって博子さんがデビュー作「水の星へ愛をこめて」を生で歌って下さった時は嬉しかったですが、新曲のキャンペーンでレコード屋さんを回って其処で歌っていたのを聞いた事がある人もそれなりの年齢になっているはずですが、あの頃よりも凄みのある歌になっているのかも知れません。

9時台の「メルたまリクエスト」のテーマは「ハーモニー」でした。

M-15 潮風のハーモニー/白浜坂高校合唱部【TARI TARI ED】
今回は此方の曲をリクエストいましたが、はばちょでした。
「TARI TARI」は最終話で白浜坂高校が閉校になるというバッドエンドでしたが、それが私の出た高校にも重なりました。
’00年代は鎌倉や湘南地域が舞台になっていたアニメが多かったですね。
古くをさかのぼれば中村雅俊氏らが主演した「俺たち」シリーズの3部作に行き当たるのですが、それをアニメに置き換えた物だったのしれません。
M-18 アステロイド・ブルース/増田直美【銀河烈風バクシンガー ED】
「バクシンガー」は「J9」シリーズの3部作の第2作目でしたが、此方は新撰組がモチーフだったのですね。
「J9」シリーズは何れも日本語の良さを生かしたタイトルだったと思います。
第1作目が「無頼」(「ブライガー」)、第2作が「驀進」それとも「幕臣」(「バクシンガー」)、第3作目が「流離」(サスライガー)ですし。
そう言えば「J9」シリーズは新作を作ろうという構想もあった様ですが、音楽の山本正之センセと脚本の山本優氏とのギャップを埋める事が出来ず、残念ながら頓挫してしまったとのことでした、悲しいです。

7時台

M-4 鬼平~江戸を走る~/サントラ(田中公平)【鬼平 OP】
9時台
M-20 そして・・生きなさい/由紀さおり【鬼平 ED】
田中公平先生がゲストと言う事で「鬼平」からOPとEDがかかりました。
同じ放送日に同じ作品のOPとEDがかかるのは珍しいパターンですね。
池波正太郎氏が著した「鬼平犯科帳」は過去何度もTVドラマ化されており、中村吉右衛門氏や亡き萬屋錦之介氏と言った皆さんが演じた事もあって所謂”原理主義者”の様な方がいらっしゃるのは仕方ないと仰ってましたね。
また原作者の池波正太郎氏も最初小説化することを躊躇ったそうです。
でも今回私は今回の「鬼平」で時代劇もいいかな、と思えました。
神戸ではサンTVで正午から「時代劇アワー」と言う事で、過去の時代劇ドラマが再放送されていますが、案外此方も人気が出てきているのではないでしょうか?
今回公平先生は奈良でのコンサートのプロモーションと言う事でお越しになりましたが、参加された皆さんには大いに楽しんできてほしいと思います。

P.S.
此方の更新は明日から4/24まで休みます。次回は4/25~5/1の予定です。
なお当ブログにおける「つぶやき」はブログを更新しない期間中でも随時書き込みます。
なおGW中は特別体制を取ります。

2017年4月16日 (日)

4/15放送分より1

ポチッとよろしく!

先ずはツィートへの返信ありがとうございました。>かおりん深見成秀さま

以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

7時台

M-1 チョッパーマンのうた/チョッパーマン(大谷育江)【ワンピース から】
大谷さんは以前に劇団すごろくの舞台に客演した際に見に行った事があります。
最近は中堅どころからベテランの方が日アサかゴールデンタイムのアニメ、若手の方が深夜アニメに中心になっている気がします。
M-2 星の涙/山野さと子【わが青春のアルカディア無限軌道SSX IN】
M-3 ウェルカムメイプルタウン/山野さと子、コロムビアゆりかご会【メイプルタウン物語 IN】
スケジュールの関係で7時台のみの出演だった山野さと子さん。
前回お越しになった時は10数年ぶりの出演でしたが、大人の味のラブソングも歌いこなせていますね。
さと子さんの歌の原点がボズ=スキャッグスであったと言う事を思えばある意味当然でしょうか。
同じく今週ゲストでお越しになった田中公平先生のコンサートにゲスト出演されるとの事で、どんな歌声を聞かせて下さるでしょうか。
参加される皆さんが羨ましいです。
M-6 Crystal Knights NECRIME/MoJo【未来警察ウラシマン IN】
この夏のAJF(アニメ・ジャパン・フェス)にGW恒例の「スーパーロボット魂」ライブにもレギュラー出演されているMojoさん。
’70年代のポップス音楽を支えた方の一人でもあります。
もし例えば吉田拓郎氏の書いた曲を歌ったりすればどんな雰囲気になるでしょうか。

8時台

M-7 愛の灯をセーヌにともせ/グリシーヌ・ブルーメール(島津冴子)【サクラ大戦 巴里レビュー から】
島津さんは「うる星やつら」での三宅しのぶ役でブレイクした感がありますが、今や伝説になった「アニメトピア」でも田中真弓さんとパーソナリティを務めていた頃も印象深いです。
以前に「アニメトピア」に平野文さんがゲスト出演していた際に島津さんが「お姉さま」と仰ってましたから、島津さんの方が後輩だったと言う事でしょうか。

2017年4月15日 (土)

岩ちゃんへのRES

ポチッとよろしく!

以下「ラジメニアンのお部屋」「ラジメニ伝言板」の4/14付の記事より。

あれから1年 投稿者:岩崎和夫  投稿日:2017年04月14日(金)22時12分06秒 削除  

今日で熊本地震から1年なんですね。繰り返し起こる地震で被害を受けた方達の復興。
心にとどめておくのは本当に難しい。

今日は潰瘍性大腸炎の診察で病院でした。
寛解の状態で、ほとんど病気を意識することは無いんですが、この頃ちょっとだけ便通がおかしくて(すいません尾籠なお話で)その話をしたら、様子を見ましょうとのことでした。
もう診察してもらって21年。
良くわかっていない病気なので、仕方ないか(笑)。

さて、明日はラジメニア。
ゲストは田中公平さん。
そして急遽、16日の奈良のコンサートに一緒に出演される山野さと子さんも出ていただくことになりました。
リクエスト、メッセージお待ちしています!!


                           岩崎和夫でした。

私の方は取り合えず親父の通夜と葬儀が終わり、落ち着いて来ましたので、昨日から仕事を再開しました。
1週間分遅れていましたので、残業しないと片付かないと思いましたが、皆さんのカバーのお陰で定時で終わる事が出来ました、有難かったです。
岩ちゃんの病気は日本国から現在特定疾患(所謂「難病」)に指定されている病気でしたね。
一応ただちに生命の危機を迎える様な病気では無いらしいですが、糖尿病みたくガンや重大な病気につながる恐れもあると言うので注意して欲しいです。
熊本震災から1年、未だ未だ復興の途上にあると思われますが、九州地方も阿蘇山や桜島など大きな火山があったり、自然環境が厳しい地域でもありますから、復興には時間がかかると思います。
今回は原発が事故を起こさなかっただけマシだったのかもしれないですが、鹿児島県には川内に原発がありますから、もし其方が事故を起こせば重大な被害が出ると言われています。
本当に悲しいものです。
さて今週はさと子さんに公平先生がゲストとの事ですね。
どんな音楽のお話が聞けるでしょうか、楽しみです。

P.S.
ツィートへのお返事ありがとうございました。>かおりん

2017年4月13日 (木)

今日まで忌引き休暇

ポチッとよろしく!

昨日でGWのイベントのチケットが出揃いました、そして明日から夏休みのイベントの先行予約が始まります。
忌引き休暇は今日で終わりです。
取り合えず私が現住地でやるべきことは終わり、後は神戸の田舎でやる事が終わるのを待つだけなのですが、先週通夜と葬儀が終わったのが木曜日、金曜日から動いても土日を挟んでいるので、今週頭からしか役所が動かないので、それを待っていると休暇が終わってしまうので、私は日曜日に横浜の自宅へ帰っておりました。
私は月曜日に地元での手続きを終えました。
火曜日は悪天候を言い訳にして引きこもっていましたが、昨日は気を取り直して都内へ出ておりました。
ただ宅急便を受け取る約束があったので、20:00までに家に戻らなくてはならず、都内(神田から上野まで)をほっつき歩いただけで、大した収穫など有りませんでしたね。
松浪健四郎氏は「気分がすぐれない時は、当てが無くてもいいから街中をほっつき歩いてみろ」と自著において書いていました。
よくよく考えてみれば平日の昼間に都内をほっつき歩いたのはかなり久しぶりの事ではないかと思いましたね。
秋葉原も不夜城と化している感がありますが、街中では昼間でも外国人客らしい人が目立ちます。
メイドカフェの客引きをやってる女の子達も平日の夜と変わらない感じでしょうか。
普通に出社して勤めている日でも都内をほっつき歩く事もありますが、どうしても日が暮れてからになってしまいます。
父の葬儀で今月は2度も帰省する結果になり、大きな出費を強いられました。
来月も2度帰省する事になりそうですが、うち1度は深夜バスを使う事が出来そうなので、今回よりはお金の負担は軽くなるかもしれません。
実家は当面母が一人で暮らす事になるようですが、母は去年の秋から父が施設に入っていて独り暮らしだった所為で、あんまし父が居なくなったと言う実感は無い様です。
それでも今後の事が心配ですが。

2017年4月11日 (火)

現在忌引き休暇中

ポチッとよろしく!

4日の夜に父が亡くなったとの報が実家からあり、友人と食事する予定をキャンセルして銀行へ直行、そして翌朝の新幹線で帰省して、その日に通夜、翌日に葬儀と慌ただしく過ぎました。
役所関係は金曜日から動かざるを得なかったので、土日を挟めば今週金曜からの業務の再開は難しいと思い、日曜日の内に横浜の自宅へ帰ってきました。
それで此方でもやる事があると聞いたので、保土ヶ谷区の区役所へ直行、取り合えず役所関係の手続きは落ち着いた様です。
私は忌引き休暇は木曜まで頂いています。
以前に去年御尊父を亡くした女子社員の方から聞いた話では、御尊父が施設に入ってから亡くなるまで半年(1年間?)ほど月に2回東京の職場と、福岡の実家を往復していたとのことでした。
経済的な事もきつかったし、職場での仕事もなかなか進まなかったと仰ってました。
(その女子社員の方は実家に弟さんがいらっしゃるとのことでしたが、ご本人は結婚していません)
ふと思ったのですが、私に向かって「オマエに友達は寄って来ない」等とおっしゃる方はゴマンといらっしゃいますが、そんな方はどうも想像力を欠いている様に思えますね。
それは何故か。
父は85で亡くなりましたが、会社では役員も務めていたので、それなりに交流はあったはずなのですが、父の親戚や会社の関係者の方が通夜と葬儀には誰もいらっしゃいませんでした。
少なくとも父の為に弔辞を読んでくださった方は誰もいらっしゃいませんでした。
私の勤めている会社から弔電と献花が来ただけでした。
あと母方の親戚が参列しただけでした。
父の会社は既に無く、父の同僚や先輩、上司や友人だった皆さんも皆高齢で葬儀や通夜に来れる状態では無かった様です。
そしたら私に向かって「オマエに友達は寄って来ない」とか「オマエにヨメは来ない」とか「友達がいない事を認めろ」等と仰る方々が私の父と同じくらいで亡くなるとしたら、もしご本人に家族がいらっしゃらなければ、職場関係の方が葬儀や通夜に来てくれないと思われますし、寂しい旅立ちになるでしょうね。
(「職場関係」と書きましたけど、本人がもしニートやフリーターの類でなかったらの話です。中には働き盛りという年齢なのに言い訳ばっかし拵えて働こうとしない奴も居るかも知れませんので)
それか私に向かって「オマエに友達は寄って来ない」とか「オマエにヨメは来ない」等と仰る方は世間一般では未だ若いのに、とか働き盛りと言う年齢で亡くなってしまうとご本人が自覚してらっしゃるのでしょうか?
もしそうだとすれば職場や周りの親しい方がアナタの逝去を悲しんでくださるでしょうし、泣いてくれるでしょう、惜しんで下さるでしょう、弔辞も読んでくださるでしょう。
ましてや周りの人に辛い思いをさせて介護してもらう必要も無いでしょうし、多くの皆さんがアナタの浄土への旅立ちを見送って下さる事でしょう。

2017年4月 3日 (月)

4/1放送分より2

ポチッとよろしく!

以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

8時台

M-12 今夜はエイプリル・フール/早乙女乱馬(山口勝平)【らんま1/2 から】
'80年代以降アニメの出演者の方がキャラクターソングを出す事も多くなりましたが、当時制作していたキティ・フィルムもファンクラブのイベントなどで斬新な企画を立てていましたね。
「うる星やつら」で主演していた平野文さんもよくステージに上がっておられたとの事でした。
【水瀬いのりさん メッセージ】
♪ Innocent flower/水瀬いのり
エイプリルフールでと言う事ですが、ヘアスタイルをベリーショートにしてみたいとのでした。
今回は4/5にリリースされるアルバムのプロモーションでしたね、どんなアルバムになるでしょうか。
タイトルはINNOCENTといのりを引っかけた物だったのでしょうか。
また番組にお越し願いたいです。

9時台の「メルたまリクエスト」のテーマは「あなたがアニメ好きになったきっかけの作品」と言う事でしたが、テーマとしてはあまりにも漠然とし過ぎていましたね。
それで私は'60年代まで遡らざるをえなくなりまして「ムーミン」のテーマをリクエストしましたが、残念ながらボツでした。
実際「ムーミン」は好きでよく見ていましたから。

M-18 ドラえもんのうた/大杉久美子、セリフ:大山のぶ代【ドラえもん OP】
今回のテーマにおいてこの歌が一番古い作品では無かったでしょうか。
兎に角幼稚園時代からアニメは見てましたし、何時からアニメが好きになったのかと規定する事は少なくとも自分には難しかったですね。
初代のドラえもんを演じていた大山のぶ代さんは現在夫婦で認知障害と闘病中ですが、それまで演じていた大山さんの少年役は割と印象に残っていますね。
M-21 青春ラジメニアの歌/子門真人【青春ラジメニア OP】
今回は新年度初と言う事でOPのオリジナルバージョンがかかりましたが、子門さんは完全に芸能界から身を引いておられますので、表立った活動はしていませんね。
ただ山本正之センセが番組にお越しの時は山本センセの「僕らの青春ラジメニア」かかるのですけどね。
M-23 コスモスに君と/戸田恵子【伝説巨神イデオン ED】
戸田さんは最近は声優としてより三谷幸喜氏の舞台で主に活躍しておられる感がありますね。
かつてラジオ関西で「アニメワールド」なる番組が放送されていた頃に同じレコード会社だった事もあって番組内でよくかかっていたと思います。
M-24 SILENT SURVIVOR/KODOMO BAND【北斗の拳 2代目OP】
「聖闘士星矢」以後アニメの歌はハードロックにヘヴィメタルと言った激しいサウンドの曲が中心になってきた感がありますね。
それの流れで「北斗の拳」のテレビ版の2代目のOPになったと思われますが、KODOMO BANDは以前にサンTVで放送されていた宇崎竜童氏の番組にも何度か出演していたのを見た事がありました、あの当時は「子供ばんど」名義だったでしょうか。
ボーカルとギターを務めたうじきつよし氏は曲の大半を作詞作曲していた様ですが、後年演技者として有名になりましたね。

P.S.
此方の更新は明日から3/27まで休みます。次回は4/4~10の予定です。
なお当ブログにおける「つぶやき」はブログを更新しない期間中でも随時書き込みます。
なお当方の変事の為予定通り更新できない恐れ間ありますので、その点はご承知おき願います。

2017年4月 2日 (日)

4/1放送分より1

ポチッとよろしく!

先ずはツィートへのお返事ありがとうございました。>劇団すごろく様

以下「青春ラジメニア」公式ブログより。

7時台

M-1 サムライハート/森口博子【鎧伝サムライトルーパー 2代目OP】
「鎧伝サムライトルーパー」は当時放送されていた「聖闘士星矢」のコピーとも言われていましたが、この当時はロボットを操縦して戦う事よりプロテクターを身に付けて戦うキャラクターが人気だったのですね。
AJFでも博子さんが歌ってくれましたし、当時は主演していた声優さんがNG5なるユニットで音楽活動もしていました。
M-2 夢光年/影山ヒロノブ、こおろぎ'73【宇宙船サジタリウス ED】
原作はイタリアの小説だったそうですが、原作を換骨奪胎してお子様にも判るストーリーにしたそうですね。
テーマソングでは無かったですが、当時主演していたミッチ姉さんの歌った「愛が心にこだまする」もいい歌でした。
M-4 Get Wild/TM NETWORK【シティーハンター ED】
「シテーハンター」は当時OP、EDともJ-POPの人気アーティストが何組も起用されていました。
最近「名探偵コナン」も同じやり方で制作されていますね。
ひょっとしたらアニメのテーマソングを通じてアーティストにアニメのファンも取り込んでいくと言う方法のはしりだったのではないでしょうか。
M-7 ガメラとギャオスの戦い/サントラ(山内正)【ガメラ対ギャオス から】
大映の制作した特撮ドラマは「ガメラ」と「大魔神」が有名ですが、’60年代は数多くの特撮映画が制作された時台でもあったと思いますね。
松竹では「ギララ」、日活では「ガッパ」と言う風に。
そう言えば劇中でギャオスが名古屋市を攻撃する場面がありましたが、現在は中日ドラゴンズの2軍がある名古屋球場も出て来ました。
M-6 アルミナ/ナイトメア【DEATH NOTE ED】
「DEATH NOTE」にはご縁が無かったですが、ナイトメアのステージは一度大阪で見た覚えがあります。
その時に買ったパーカーは暑くもなく寒くもなくと言った時期に着るのにいい感じです。
コンサートの日に売っているグッズもなかなかいい物です。
M-9 Generation! /JAM Project【カードファイト!! ヴァンガードG 2代目OP】
昨日から舞台版が上演されていますが、若手の俳優の皆さんは勿論声優の三森すずこさん、それとあの乃木坂46から能條愛未さんも出演していますね。
あの乃木坂46の皆さんは舞台にも積極的に取り組んでおられる様です。

8時台

M-10 みやしろ戦隊ハナレンジャー~心やさしき戦士たち/國府田マリ子
マリ子さんのステージは大阪で何回か見ましたが、また久しぶりにかおりんとDJをやっている所を聞いてみたいですね。
それに舞台をやっている所も見てみたいです。

2017年3月31日 (金)

岩ちゃんへのRES

ポチッとよろしく!

実家の方で重大な変事が起こりましたので、明日以降記事が暫くアップ出来ない恐れがあります。
(但し番組の方は聞く事が出来ると思います)

以下「ラジメニアンのお部屋」「ラジメニ伝言板」の3/31付の記事より。

春から冬 投稿者:岩崎和夫  投稿日:2017年03月31日(金)21時02分21秒 削除
 
昨日はポカポカ陽気だったのに、今日の神戸は冬に逆戻り。どんどん寒くなってきています。
奈良は雪が舞っているもよう。

今日で平成28年度も終わりですね。いつもならもう桜も満開になっている頃なのに、神戸はまだ開花すらしていません。
実際、私の済んでいる名谷近辺の桜もつぼみはふっくらしていますが、まだ一輪も咲かず。
どうやら来週末辺りが見頃になりそうですね。

さて新年度と共に明日はラジメニア29年目のスタートです。
ゲスト無しで、一番オーソドックスなラジメニアですが、メル玉のテーマを少し工夫して、新しいリスナーにも参加しやすいようにしようと思っています。
月末特集も復活しますよ。
リクエスト、メッセージ、お待ちしています!


                          岩崎和夫でした。

それで昨日今日と仕事はお休みを頂いておりました。
火曜日辺りからもう通勤の際はコートは要らないと思っていましたが、彼岸も過ぎたと言うのにいきなり寒くなりましたね。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われていますが、意外と誤差もあるみたいですね。
サクラは福岡県あたりでは咲き始めたとの事ですが、恐らくは岩ちゃんも仰るように来週末辺りが見ごろになるのでしょうか。
そう言えばソメイヨシノの桜は意外と短命な様で、50年持つか持たないかと言われています。
もし人間なら50代で亡くなってしまえば若くして亡くなったと言われますね、表現を生業にする皆さんもそんな歳で亡くなっていまう方が少なくありません。
それがわれわれ日本人の心性に合うのでしょうか。
桜の下で入学式と言うのは単に本州の太平洋岸の気候に合わせた物の言い方であって、沖縄県ではサクラはとうに散っていますし、北海道では未だ咲いていない時期のなのですね。
「アニメ玉手箱」を継いでラジメニアの番組がスタートしてのは平成元年度初めでしたね、それで私の社会人歴とラジメニアの歴史がちょうどトレースしているのです。
再来年の新年度スタートが丁度ラジメニアが30年、私も50代の後半に突入いたします。
今後番組はどうなっていくでしょうか。

2017年3月29日 (水)

誕生日

ポチッとよろしく!

と言っても私ではなく妹の誕生日なのですが。

今日で私の妹も50代へ1歩近付きましたね、一番上の甥っ子はこの春から独り暮らしを始めます、その下の姪っ子は大学生です、一番下の姪っ子は未だ高校生です。
結婚はおろかガールフレンドも作って無い身の私が甥っ子たちの将来の幸せを祈るのはいささか滑稽かもしれませんね。
「オタクなんか大嫌いだ!」と自負しておられる方からすれば、私は自分の歪みから逃げていると言う事になるのでしょう。
あまつさえ言い訳ばかり拵えて働こうとせず、周囲の大人に金をせびってだらけた暮らしをして、挙句に身勝手な理屈で凶悪犯罪を犯す事と同様に見えるのでしょう。
「オタクなんか大嫌い」と自負している人にとってはオタクが真面目に働いて静かに暮らしていても、言い訳ばかり拵えてニートかフリーターか判らない暮らしをしていると言う風にしか見えないのでしょう。
兎に角「オタクなんか大嫌い」と仰る方はオタクが真っ当な労働をしていようといまいと関係無いのです、許せない存在なのですね。
オタクが自分のやるべき学業や仕事と趣味の折り合いを付けて静かに暮らしていてもそれは身勝手で自己中心的この上ない所業なのですね。
昨今の政治の動きを見ていたら甥っ子たちが親になった時その子達にとんでもない負担を背負わされる様な気がしておりますが、私の様な独身のオタクが出来る事はどんな形ででも政治に参加して、最善の選択をする事だと思いますね。
オタクが政治に参加する事は「オタクなんか大嫌い」と自負してらっしゃる皆さんからすれば、絶対に許せない事は明らかでしょう。
兎に角おたくが政治に参加する事は許せない事なのですから。

«月末特集復活

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

時告げの砦

最近のトラックバック

読書メーター

  • M's Power.さんの読書メーター M's Power.さんの読書メーター

WEB page